切開

切開について

今でこそレーザー治療などの方法が用いられるようになりましたが、ほくろ除去の従来の方法はメスによる切開です。この方法は現在でも行われている施術方法で、美容外科や皮膚科では状況によって使い分けられています。大きさが5mmを超えるような大きめのほくろの場合、レーザー治療ではうまく除去できなかったり、時間がかかったりします。このような場合、切開による除去が行われます。施術方法としては、ほくろ周辺をメスで取り除き、真皮と表皮を縫合する単純なものです。美容外科や皮膚科のほくろ除去のなかでは、最もキレイに取れる方法です。

切開のメリット
切開による除去のメリットは、上手な医師が担当すればとてもキレイにほくろ除去ができるということです。医師の腕がダイレクトに反映されるため、腕次第という部分はありますが、術後の仕上がりは最もキレイな方法でしょう。
切開のデメリット
切開による除去のデメリットは、術後の行動に制限がかかることです。切開による除去では縫合を行いますが、抜糸するまでは傷口を水につけてはいけません。そのため、水場での仕事が多い人の場合は別の方法を検討する方がいいでしょう。

ほくろ除去治療された方の声

  • ほくろが痛くなってきて、怖かったので取り除いてもらいました。

    昔からほくろはそんなに多くないほうだったんですけど、つい最近顔にあるほくろに痛みを感じるようになって、こわかったので皮膚科を受診してみました。がんなどではなかったのでそれに関しては安心ですが、やっぱり痛いのは気になるので取ってもらうことに。メスを使った切開での除去だったので聞いた時は怖かったんですけど、そのまま放っておくほうが嫌だったので。キレイに取ってもらったので、今はもう痛みもないです。

  • 小さい頃からのコンプレックスだったので、キレイになってよかったです。

    小さい頃、それこそ小学生くらいの頃から大きなほくろがコンプレックスのひとつで、よくからかわれたりもしていました。ほくろ除去をするかどうかは結構悩んでたんですけど、友達からすすめられたこともあってやってみることにしました。美容皮膚科に行って取ってもらったんですけど、医師の先生がとても親身になって話を聞いてくれて、説明も丁寧だったので特に不安もなく治療を受けられました。とても満足しています。

  • 手術するのは嫌だったので、レーザー治療で取ってもらいました。

    ほくろ除去はしたかったけど、メスで手術をするっていうのはとても抵抗がありました。だから今回美容外科にお願いするのもずっと迷ってたんですけど、近頃はレーザーでもほくろ除去ができると聞いてやってもらうことにしました。手術ではないので怖さとかは全くなくて、少し気になっていた痛みもそれほどではありませんでした。施術時間もとても短く、キレイにほくろを取り除けたので、思い切ってやってよかったと思っています。

  • 無害なものだとは聞いていたけど、やっぱり気になったので取ってもらいました。

    ほくろはそれほど多くなかったんですけど、最近何だか増えている気がして。その中でも特に大きなものについて一度皮膚科で聞いてみたんですけど、特に問題はありませんでした。でも後日やっぱり気になったので、美容皮膚科で取ってもらいました。体に影響はないとわかっていても、気になったらずっと気になっちゃうんですよね。取り除いた今は心配事もなくスッキリして、充実した毎日を送っています。取って正解でしたね。

ほくろ除去治療するならココ!

オススメ 品川美容外科 口コミ評価 4.8点/5.0点満点

品川美容外科

歴史と実績から生まれる安心・信頼のクリニック

品川美容外科は、創立26年以上を誇る美容外科です。ほくろ除去の施術はもちろんのこと、多くの美容整形の施術に精通しています。その症例数は400万件以上と業界屈指の数を誇り、その実績を築き上げた確かな腕を持つ医師が揃っています。全ては患者さんに満足してもらうために、というという信念のもと、技術力や安全性の向上に努めています。医師や看護師、それ以外のスタッフなど、クリニック全体で美しさを追求しています。

詳しくはこちら

公式HPはこちら

キレイにほくろ除去ができる編集部イチオシクリニック一覧